未分類」カテゴリーアーカイブ

可変ブレード

アパッチDWが発売され、釣果もチラホラ目にするようになりました。

お買い上げ頂きました皆さん、ありがとうございます。

さて、本日はそんなアパッチ族の皆さんにアパッチDWの調整方法をご案内します。

アパッチといえば魚が暴れても伸び難い、太くて丈夫なアームとトレーラーフック要らずのビッグフック。フレア状態をキープする特殊なスカートシステムが特長ですが、今回DWで目を引くのがこの逆ハンマードブレードです。

この凸凹の効果については以前このブログでご紹介しましたが、実はこのブレードにはもうひとつの効果が隠されています。

このオリジナルデザインのブレードは、丈夫な本体とは対照的にとても薄く、柔らかい素材で作られています。どれくらい柔らかいかというと、指先に力を込めるだけで簡単に曲げる事が出来る位柔らかいです。

「それがどうした」と思うかも知れませんが、それこそがこのブレードのもう一つの性能なのです。

スピナーベイトのアクションはほぼほぼブレードで決まります。サイズや形状は元より、ブレードのカップ角でその特色は随分違う物になってきます。

これはブレードを横割りにしたカットモデルを模したイラストです。そう思って下さい。そう、だんだん貴方にはそう見えてきます。そうそう、その調子です。

左の浅い方はカップが緩く、平たい形状をしています。

すると水中では回転する角度が立って、より大きなバイブレーションを発生する代わりに、巻き抵抗も大きくなります。

こんな感じです。何の絵か解らない人は今すぐお風呂に行ってスピナーベイトを泳がせてみて下さい。そしてこのイラストがその光景に重なるまで何度も凝視してください。

さあ、モタモタしてると置いて行きますよ。

右の深い方のカップは回転角が寝ていて、水の抵抗が少ないのでスルスルと軽く巻けます。

図解するとこんな感じです。お風呂にはもう行かなくていいですか?そうですか。

とまあこんな感じでスピナーベイトの泳ぎの質はブレードのカップ形状で簡単に変える事が出来ます。

それが今回の話しにどう繋がるかと言いますと、ワタクシ、買ってきたスピナーベイト(特にダブルウィロー)を吊るしで使う事はありません。というか同じ個体のスピナーベイトであってもチョコチョコとブレードのカップを弄りながら使います。

例えば風が吹いた時、例えば流れがある時、魚の活性が高い時、透明度が高い時など、色んな条件の中でその日の雰囲気の中で巻きたい速度やレンジをブレードのカップで調整します。速く、又はバイブレーション弱めで巻きたい時はカップ増しで。少し強めでゆっくり巻きたい時はカップ浅めに。いつも持ち歩いてるプライヤーでブレードの端を摘んで調整していました。それはもう、風が強い日にリールのブレーキを締めるように、買ってきたクランクベイトをトゥルーチューンするように、日頃からごく普通にブレードの調整をしています。

なので自分のスピナーベイトのブレードは、どれもプライヤーで挟んだ小傷がいっぱいで、なかなかに汚い事になっています。そこでアパッチDWのブレードには指で簡単に曲げれて、戻しても綺麗な状態を保てるような、そんな加工を施しました。

まあ、こう書くと大層面倒な話しに思えてくるかも知れませんが、あまり難しく考える必要はないと思います。アングラーそれぞれが持ってる巻きスピードの感覚に合わせて調整して貰ってもいいですし、速いのと遅いのをボックスに忍ばせておいて、ここぞというとこで使い分けるのもいいと思います。ただ自分はその場で結構調整してしまう人間なので、それを工具無しでやりたかっただけなのです。

先日、関東のお店にお邪魔した際、お客さんやお店の方に話したら非常に面白がって頂けたのと、地元の友人達が早速実践してくれているようなのでブログで紹介する事にしました。

アングラーの意思にアジャスト出来るマルチパーパスなスピナーベイト”アパッチDW”。もし良かったら参考にしてみて下さい。

Nomadのブランクについて

各地から沢山のビッグバス捕獲のご報告を頂くNomadロッド達。

操作性の良さや、トルクフルなブランク特性で、使い易く、「獲れるロッド」として高い評価を頂き、とても嬉しい気持ちです。

しかし、称賛のお声もあればお叱りの声もある訳で・・・。

お問合せを頂く中で結構多いのがコスメの部分。特にブランクの表面処理について多く頂きます。

弊社Nomadシリーズではブランク成型後に表面を研磨したサンディング後、塗装を行わない無塗装状態でのフィニッシュを採用しています。

ロッドブランクは芯金に高圧で巻き付けたスクリムの表面に、特殊なテープを巻いて焼き入れを行います。この焼き入れの際にスクリムはレジンが溶けて膨張し、逆にテープは収縮する事で圧が増し、焼き入れが完了します。

焼き入れ完了後はこのテープを剥がすわけですが、この際細かく巻かれたテープの痕がブランク表面に横筋のように残ります。これをこのままにしたものが”アンサンド(研磨しない)フィニッシュ”といいます。

Nomadでは表面のテープ痕が残らないくらいまで研磨する”サンディングフィニッシュ”というものを採用しています。

これが生のブランクの状態で、ロッド作りとはここから塗装をしたり、装飾用のカーボンをバット部分に巻き付けたりしてお化粧をしていくわけですが、mibroではより生のブランクを活かしたロッド作りをしていきたいと思い、サンディング処理のみのフィニッシュとしています。20代の頃から愛用していたフェニックスの一部商品やG.Loomisのロッドがそうであったように、最近まで愛用していたNorth Fork Composites社のロッドがそうであるように、なるべく無駄を省いて、ブランク本来のトルク感や繊細さを釣果に繋げていきたいと思ったからです。

実はこの処理方法、ロッド工場には嫌がられますw

研磨という作業は砥石を使ってブランク表面を削る訳ですから細かい傷が残ります。中には結構深い傷もあって破断の原因になるものもあるかもしれません。しかし、表面を塗装したり装飾する事でその傷は見え難いものになります。しかし塗装や装飾をしないという事はブランクの状態がはっきりと見えてしまう訳で、作業のミスはそのまま材料のロスに繋がります。従って熟練の技術者が1本1本精密に作業する必要がある訳で、研磨処理のみというフィニッシュは工場側からしてみれば誤魔化しの利かない製品作りが必要となり、余計な手間や神経を使う作業となります。

サンディング処理にした理由はもちろんそれだけではありません。実は余分な装飾や塗料を使わない事でよりブランクを軽く感じる事が出来ます。例えば同じ重量のロッドを作る場合、構成するパーツが同じなら塗装や装飾を使わない方が重量に余裕があります。つまり塗装やコスメの分をスクリム(カーボン)に割けるので、同じ操作感でもトルクのある特性で余裕のある設計が出来ます。Nomadでは全モデルに丈夫なステンレスフレームのガイドを採用していますが、チタンとの重量差を塗装やコスメが埋めているので非常に軽い操作感で扱えます。

また、コスメや塗装を省略する事と、ガイドをステンレスにする事でコストを抑える事が出来、高性能なロッドをより安価な価格で提供出来るという利点もあります。

難点があるとしたら、塗装や装飾を施したブランクに比べると見た目は綺麗ではない事です。カーボンの柄も装飾用ほど綺麗に揃っている訳ではありませんし、ところどころにスクリムの合わせ目が光って見えたりして、気になる人には受け入れ難いと思います。

そもそもNomadシリーズにおいてはコスメの部分にそれほど拘っていません。リールシートなどは輸入品の為非常に高価ですし、EVAなどもオリジナル形状でそれなりに拘って生産しています。しかしそれらを少しでも安い価格で市場投入したかったので、検品項目の中で外観の部分は多少甘めに設定している部分があります。お金を掛ける部分はしっかり掛ける。必要無い部分は状略してコストを削減する。最初からこうしたポリシーでNomadシリーズの開発に取り組みました。

なのでせっかくご興味を持って頂いたとしても、見た目の部分でもしかしたらご満足頂けないかも知れません。

「32,000円は大金だ、決して安い買い物じゃない」と思う方もいるかも知れません。

そうした方は是非、通販ではなく店頭でよく現物確認されてからご購入頂けますようお願い申し上げます。

また、ご購入後の商品について直接弊社にお問合せを頂く場合がありますが、不具合等に関するご質問はまず、ご購入頂いた販売店様にご連絡頂けますようお願い申し上げます。

ご購入頂いた皆さんが素敵なNomadライフを送れますように・・・。

 

トレブルフックの話し

以前このブログでチラッとお話しした楽しみなフックがついに発売されました。

それがこちらのICHIKAWA-FISHING “KAMAKIRI TREBLE SHOT SHANK”です。

人気のカマキリのショートシャンク版なのですが、これが弊社のFURYやデリンジャーは勿論、これまで国産フックではしっくり来なかった海外物のクランクベイトにぴったりなのです。

クランクベイトのフック選びの際、自分が気にしているのはボディ幅とゲイプの関係。

ボディ幅からフックポイントがはみ出すと根掛かりが増えますが、小さすぎてもハリ掛かりが悪く、魚の口からルアーがすっぽ抜けやすくなります。なので、なるべくこの幅が近くなるようにフックを選ぶのですが、ボディレングスの短い丸っこいタイプではなかなかマッチするフックがありません。フックサイズをボディ幅に合わせると、シャンクが長くて前後のフックが絡みやすくなってしまい、シャンク長に合わせるとフックサイズが小さく、フックアップ率が下がってしまいます。なのでこの超ショートシャンクを待っていた人は結構多いのではないでしょうか。

 

ICHIKAWA-FISHINGのKAMAKIRIシリーズの特徴に少し外を向いた針先、いわゆるアウトポイントがあります。これはショートシャンクのフックには非常に重要で、初期掛かり、つまり魚の口にポイントを立てるという部分に大きく影響します。ルアーのボディやアイと近いショートシャンクフックはそれだけでスナッグレス効果が高く、針立ちの悪い条件が重なります。この場合フックポイントを内側に向けてしまうとさらにスナッグレス効果は高まり、丸のみするようなバイトでも、口からすっぽ抜けてしまう事も少なくありません。

ハリ単体ではなく、あくまでルアー(プラグ)に付属する物として考えた場合、貫通力が高いとされるカーブポイント又はインナーポイントはロングシャンクが必須。ショートシャンクで設計する場合は針立ちを重視したアウトポイントが必須であると自分は思っています。

そこから考えると大型のフックがついたビッグベイトの場合、フック自体が太軸でゲイプも大きい事から、硬いロッドでしっかりと貫通してやらなければなりません。またルアーの重量も重いので、フック穴が広がらないようにネムリ形状のポイントで貫通力重視のフックで良いと思います。また、そうしたルアーはサイズも大きく、フックハンガーベースにも余裕があるので、カーブポイントに合うロングシャンクフックでも問題なく着けれると思います。

しかしクランクベイトの場合、フックサイズは#6~#2。シングルフックでいうとスピニングで掛けれるサイズです。さらにロッドはグラスや低弾性カーボンの柔らかい物を使い、フッキング!というより絡め獲るようなファイトスタイルが主になります。そうなると必然的にフックポイントは針立ちの良い”早掛け”ポイントで、例え最初のバイトがテールフック1本でも、ファイト中に魚が暴れるのを利用して、2フックで掛けてキャッチ率を上げていく事も容易いと感じています。

さて、そんなKAMAKIRI SHORT SHANK。以前お話しした弊社のFURYやデリンジャーの替えフックには元より、

これまで合う国産フックがなかなか見つからなかったWEC E-1なんかにもピッタリです。

何で自分がこんなに褒めるのかというと、実は今年発売予定のFURY-midにKAMAKIRI-SHORTの搭載が既に決まっているからなのです。

まあ単なる前宣伝の一環ですww

昨年秋から実釣で使用させて頂き、スペック通りの性能を実感し採用を決めさせて貰った次第です。

太軸なスプロートベンドなので伸び難いのは勿論ですが、適度な粘りもあるのでメキシコで釣りまくってもフック折れは皆無でした。

痒い所に手が届く非常にバランスの優れたフックです。特に一部のクランクベイトには待望のフックだと思いますので、是非試してみて欲しいです。

 

 

GUPPY is Back!

 

キープキャスト2018と西日本釣り博2018では沢山の方にブースを訪ねて頂き、色んなお話しを聞かせて頂きました。こういう場で頂戴するお声はメーカーとして本当に励みになります。本当にありがとうございました。また沢山の差し入れも頂きまして、感謝の至りでございます。次回も出展出来るよう、頑張って釣りが楽しくなるアイテム作りに邁進して参りたいと思います。

さて、そんな両展示会にて、mibro新製品コーナーのセンターを務めたのが「GUPPY」です。

 

「GUPPY」は元々ストリームデザインから発売されていたハンドメイドウッドミノーで、リッピングやジャーキングは元より、ただ巻きでも使えるミノーが欲しいという本人の要望を形にしたマルチパーパスミノーとしてデビューしました。ところがその特殊な形状とスイムバランス、普通のミノーシェイプにはない、大きな後方乱流が人気を呼び、琵琶湖湖北をはじめ各地のビッグバスハンターから釣果報告が相次ぎました。

そしてそのビッグバスハンター達からの要望を元に、よりデッドスローリトリーブに特化した比重の重いボディと、特殊なウェイトバランスのスペシャルモデルをリリースするに至りました。

そうして多くのハンター達の手によってチューンされブラッシュアップされていった「GUPPY」は、マンション建設の為の立ち退きの為、工房閉鎖という形で生産が止まっていましたが、再販を熱望する声は後を絶ちませんでした。

こうした経緯もあり、2017年にストリームデザインと経営を統合した事で、より繊細なセッティングが出来、強度アップと安定した供給、より悩ましいカラーリング展開が可能なインジェクション製法にて「GUPPY」を復活させる事にしました。

デザイナーのスズキタカノリ氏にとっては初のインジェクションモデルでしたので、ウッド素材との違いに四苦八苦してましたが、自分からのリクエストは「あくまで基本はオールパーパスミノー。リッピングもジャーキングも出来るクランキンミノー。でも使う人のチューニング次第でデッドスロー中層巻きにも対応できる幅広いセッティング」でした。

ウッドモデルのグッピーよりも太めのフェイス、より大きくロールする背っぱりボディは量産モデルになる前の手削りワンオフのコンセプトモデルに近い形状。太いテールで大きく水を蹴る為のウェイトバランス。そして、ベリー(フロントフック)を固定する為の強力なネオジムマグネットを内蔵する事で、小さなリップでも根掛かりを減らし流れ藻などのちょっとしたゴミを拾い難い事で一投一投を大切にアプローチする事が出来ます。

フックはICHIKAWA-FISHING RCカマキリ#4を標準装備。110mmのボディをすっぽりと吸い込む大きな口の壁面に掛けに行く仕様です。

クリアレイクの日中での使用を考慮したトランスルーセント(透ける)カラー展開の加え、インナープレート方式の採用によりアバロンカラーもラインナップ。

より悩ましく、自然な透過光で警戒心の強いビッグバスに訴えます。

「GUPPY」のウェイトは18g。このサイズ(110mm)のミノーにしては各段に重いです。しかし大きなテールと背っぱりボディによって空気室は大きく、充分な浮力があります。その為ウェイトシールやグレネードシンカーを使ったチューンでも余力があり、また飛距離においてそのアドバンテージを発揮しますので、MHクラスのタックルでも充分な飛距離が出ます。

ルアーのサイズ感より遥かに大きな質量と水流を有するという事は、より大きなサイズに匹敵する存在感を持つという事になります。MHクラスのロッドで使えるビッグベイト。もしくはビッグベイトの水流に寄ってきても口を使わない狡猾なビッグバスを仕留める喰わせのベイトと考える事も出来ます。

 

「GUPPY」のスペックデータは下記の通り。

GUPPY110

Length:110mm

Weight:18g

Depth:1.5m

5月のリリースを予定しています。

価格やカラーラインナップについてはまたご案内します。

*水中でのアクションはこちらの新製品紹介動画でもご確認頂けます。

KR3

KR3の初回カラーラインナップです。

#01 プレモンス

#02 SH-4

#03 レジェンドコッパーパーチ

#04 ARC(アラバマレッドクロー)

#05 ブルーギル

なんかアラバマレッドクローのクローパターン変わってますが、背中はしっかりブルーです。

そもそも、自分がルアー作りを始めた頃には、赤系クローフィッシュにブルーバックって存在しませんでした。試しに塗ってみたらとても綺麗だったのでB-7に採用したのですが、今では大手さんも普通に塗ってますね。誰も気にしてないと思いますが、ちょっと嬉しかったりしますww

 

ウッドルアーらしいキビキビとしたアクションと、ティンバーやレイダウンをものともしない回避性能。バルサよりも丈夫な桐材ボディのジャパンスタイルウッドクランク ”KR3”

初回リリース5色、価格は¥3,980(税別)

3月発売予定です。