未分類」カテゴリーアーカイブ

3つのCというご提案

個人的にハンドルノブの形状や材質が非常に気になる質です。

最近は色々な個性を持ったリールをテクニック毎に使い分けている方が多いと思いますが、気になるのはハンドルノブの形状。メーカーによっては勿論、モデルによってハンドルノブの形状が違うなんてのが普通になってきました。

しかし、ハンドルノブというのはアングラーとタックルを繋ぐインターフェース。凄く良いリールなのにどうもノブがしっくりこない、又はこっちのノブと同じのがついてればいいのに・・・。そんなストレスを解消出来ないものかと考えていました。

インターフェースであるノブを統一する事で、リールの個性や性能をより発揮しやすくなり、タックルを持ち替えた際の違和感を極力無くしたい・・・。そんな構想からハンドルノブをデザインしてみる事にしました。

”どうせやるならば、あらゆる可能性を考慮してとことん拘りたい…”という事で、まずは素材から。

以前使っていたラバーコルクの物は使っているうちに油分を吸収して表面がツルツル滑るように・・・。経年劣化や気温差でベタベタするような樹脂系もNG。という事で形状加工しやすく、色、硬度のバリエーションが豊富なEVAを採用。内部構造は軽量かつ高強度のアルミニウムを使い、高い精度で切削する事でガタがなく、非常にスムーズなハンドルノブを作る事が出来ました。

38mmという長さは大き過ぎず小さ過ぎず、クラッチリターンなどのトラブルが少ないのでシャローを軽快に撃ちやすく、普段は2本指でリトリーブコントロールしながら、ファイト時など力を入れてクランクする際は3本指でも摘める絶妙なサイズ感になっています。

形状は、断面が丸形の為、ソフトベイトやジグのようにロッドでアクションをつけて、余ったラインを巻き取るような断続的にタッチする場合でも、指の中で平たい部分を探すような無意識動作がなく、また先端部分がフランジ状に広がっている為、巻き物を使った際の巻き合わせでもすっぽ抜ける事がありません。

そして、せっかく多彩なカラーを表現出来るEVA素材ですので、カラーバリエーションにも拘ってみました。ポップで楽しいカモフラージュ柄5色をラインナップ。タックルを一目で見分ける為のアイコンにしてもよし、仲間のタックルと間違えないようにパーソナルカラーにしてもよしです。

ウッドランドカモ

グリーンカモ

マリンカモ

ブラックカモ

ラベンダーカモ

商品名はmibro3Cハンドルノブ

Control

・Concentration

・Confidential

の3つの”C”をコンセプトとしています。

ダイワ・シマノ共用

同梱しているメタルスペーサーとシムワッシャーによって両社の規格に調整出来ます。

(取り付けと調整方法についてはまた改めてご紹介します)

価格はハンドルノブ2個(スペーサー、シム入り)で¥3,500(税別)

6月の発売を予定しています。

 

4月2日はストアイベント

今週末は茨城県のキャスティング鹿島神栖店さんで4社合同ストアイベントです。

今回のイベントに向け、同店のルアー担当にしてトーナメントプロの安達さんよりバレットヘッドオリカラのオーダーを頂きました。

「ブルーバックチャートでお願いします!」

既に2パターンのブルーバックチャートをラインナップがあるバレットヘッドに、敢えてブルーバックチャートのオーダーを入れてくる・・・。どういう事?とも思ったのですが、もしかしたらブルーバックチャートに並々ならぬ思い入れがあるに違いない!そんな訳で、安達さん監修のブルーバックチャートを塗ってみる事になりました。

何度かサンプルを塗ってOK出たのがこちら。

キモはいわゆるスカイブルー系ではなく、コントラストのはっきり出る濃いブルーバック。

この濃いブルーが安達さんの拘りの部分。

ハイシーズンの霞水系を考慮して、明滅効果をしっかり出して濁った水でもアピールさせるのが狙いです。

そして今回mibroから提案させて貰った部分がこちら。

バックのブルーとサイドのチャートの間に入るショルダーのシルバー。

「暗い」、「明るい」の間にチラリと「反射」が入る事で、コントラストがより明確になるのを狙いました。

実はこのカラーギミック、白濁りするダム湖などでも効果的で、近年それほどマッディでもなくなった霞水系にも効果的なのではと思いご提案させて頂きました。

ベリーはオレンジ。

ここも安達さんリクエストですが、この手のカラーにはやはり似合いますね。

当日はこのルアーの他にも多数のmibro製品が陳列される予定です。

お昼から夜7:00までの開催ですので、釣りの帰りにでも是非キャスティング鹿島神栖店までお運び下さい。

よろしくお願い致します!

ロッドコンセプト

 

先日軽く触れましたロッドについて、たくさんのご質問や激励のお言葉を頂きました。

この場でお礼を申し上げると共に、今後の展開について少しご紹介しておきたいと思います。

・タックルが制限されるアルミボートやレンタルボート。

・1~2本のタックルでゲームマネージメントを行うバンクフィッシャーマン。

・そして、ホームレイクを持たず、コンパクトなバゲッジで日本中を釣り歩く全てのノマド(遊牧民)アングラー達に贈る、mibroからの新しい提案「NOMAD」。

・全てのアイテムがユーティリティプレイヤーであり、スペシャリスト。キャスティングロッド4機種、スピニングロッド2機種、全6機種を2017年初夏までには発売したいと思っています。

詳しい仕様、拘りのパーツ、コスメデザインなどにつきましては、順次ご案内していきたいと思います。

是非ご期待ください。

North Fork Compositesユーザーの皆様へ

 

 

突然の事と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、North Fork Composites Japanのテスター兼開発アドバイザーという立場から退く事となりました。

色々な事があり、一時期は釣り業界からの引退も考えていた頃に出逢った一本のロッドがJ-Custom1.0で、もう一度釣りの楽しさを思い出させてくれたロッドでもありました。

少しでも多くの方に、このメイカーの作る素晴らしいブランクを知って貰うお手伝いが出来たら・・・そんな思いで企画開発に関わらせて頂いたJ-Custom2.0は沢山の魚や人との出会いを与えてくれました。

しかし、同時に自分自身の中にもっと深くロッドデザインやビジネスに関わりたいという気持ちが芽生えるのを感じました。ブランクのデザインは勿論、ガイドやリールシートなどのコンポーネンツ、コスメやブランドイメージなど、全てのロッドビジネスを自分自身の手でやってみたいという気持ちが強くなりました。

その事をNFC Jpanの堀口さんに相談した所、J-Customシリーズとの両立は難しいだろうという事で、自分のビジネスに専念させて頂く事になりました。

思えば自分のような、ただのルアービルダーが、あのゲイリー・ルーミス氏のお手伝いが出来たのですから、それはとても光栄な事だったと思います。そんなご縁を下さった堀口氏には感謝の言葉しかございません。

また、J-Custom2.0を取り扱って下さったショップ様、使って頂いた全てのユーザー様、

本当にありがとうございました。

今後もNorth Fork Composites社は素晴らしいブランクスを世界中に届け続けるでしょう。これからも変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。

 

2017年3月 塚本謙太郎

キープキャスト2017

 

すっかり告知を忘れておりましたが、今週末に開催される名古屋キープキャストに、今年も出展致します。

https://www.thekeepcast.com/

今年はいつものNorth Fork Compositesさんの他、モリックスさんとも合同のブースで、2-19という場所です。

今回は昨年末に発売したスピナーベイト”アパッチ”と、今月頭に発売したソフトベイトシリーズ”デスサイズ”と”ダブルウィップ”。そして先日発表しましたパワータイニークランク”デリンジャー”を展示します。

また、これまで全くやってませんでしたが、今年は少し物販もやってみようと思います。

コブラチャター1/2OZ ブラックブレードVer.

昨年オールスターで少量販売したスレッドフィンシャッドと、♂ギル、マジッククローのブラックブレードバージョンです。

イベント価格という事で¥1,300でお願いします。

 

それと今回はストリームデザインのデッドストックも漁ってきましたww

グッピーとDAY 2 SHAD Shallowを少し

ダートロールも少々。

価格はダートロールが¥3,200

DAY2が¥3,200

グッピーが¥4,200になります。

 

当日これらの商品お買い上げ頂いた方には、非売品ステッカーを進呈したいと思います。

よろしくお願い致します。