未分類」カテゴリーアーカイブ

たかがリール、されどリール。

 

その昔、「何だかよく分からないけど一番高いリールを使っておけば間違いない」とか、「フラッグシップでないと恥ずかしい」みたいな感じでリールを選んでいた自分を変えてくれたリールがありました。

当時シマノ社と契約したての頃、次期モデルとなるコンクエスト100DCのテストモデルの実釣評価をしている最中、担当者が「これはインストラクターさんに見て貰うようなクラスではないんですが・・・」と前置きして差し出したリールがスコーピオン1000Mgでした。

取り敢えず同じくテスト中だったサンプルロッドにつけてキャストしてみると、軽くコンパクトなボディとスムーズな回転、ギアとハンドル周りの軽さによる巻き高い感度と、ショートレンジで釣りをする事の多い自分にはとても使い易いリールでした。

「これ、皆さんが思ってるより遥かに良いリールですよ」と言った覚えがあります。

翌年からの釣りでは、雑誌やテレビの取材ではコンクエスト100DCを使っていましたが、プライベートの釣りや、新しいロッドブランド(後のファイナルディメンション)の企画やテストではスコーピオン1000Mgを使っていました。

その年は同時にアンタレスDCのテスト年でもあり、ブレーキプログラムのテストキャスターとしても参加させて貰ったのですが、使えば使う程「自分には必要ないな」と感じてしまい、翌年の発売時に「アンタレスDC何台必要ですか?」という販売促進課の問いに「アンタレス要らないのでスコ1000Mgあと5台送ってください」と応え、当時10台のスコーピオン1000Mgを使っていました。

今では大手のメーカーさんも中価格帯のプロモーションにも力を入れていますが、当時はフラッグシップ以外殆ど宣伝しなかったので、自分の行動はかなり奇怪に映ったかもしれません。

 

さて、そんな中価格帯マニアな自分が次に手掛けるのがメタニウムMgです。

このリール、企画段階では当時のメタニウムXTをそのままMg化(マグネシウムボディ化)する話が進んでいましたが、これがどうしても違和感があり、デザインからやり直して貰うよう懇願しました。

中身を作る開発担当とは実釣交えたギア比や振動伝達の話を。外側を作るデザイン室の担当者とは人間工学に基づくパーミングと釣りの姿勢を、月に何度も大阪に通ってあーでもないこーでもないと意見をぶつけ合っていました。

スコーピオン1000Mgの良い部分は継承し、欠点をあらゆる角度から分析して潰していくのはとても熱量の要る作業でしたが、当時誰もやっていなかったのでとても楽しかったです。

そしてその次が初代アルデバランなのですが、このリールはとにかく企画を通すのが大変でした。

”超軽量コンパクト、小径スプールにより軽量ルアーのコントロールとライトリグ使用時の感度に優れる”というコンセプトは当時のお偉い方々にはネガティブに映るようで、「王道から外れた枝葉」とか「シマノらしくない」という言葉が返って来た程でした。

それでも周りの社員さん達と一緒に根気よく説得を続け、ようやくアルデバランは誕生するのですが、発売後の評価は低く、相変わらず「シマノらしくない」とか「軽すぎる」といった意見が身内から出続けました。

後にそうした意見を取り入れた「スコーピオン1000」(赤くて蠍印=シマノっぽい)(アルミボディ:重量化)というモデルが出るのですが、あまり良い評価ではなかったと記憶しています。

 

現在のシマノはフラッグシップモデルから中低価格帯まで網羅し、ビッグベイトからスモラバまで、それこそありとあらゆるバスフィッシングシーンに対応する素晴らしいリールをたくさんリリースしています。

リールの企画や開発現場から離れて10年近く経ちますが、毎年この時期はわくわくしますね。

今年はどんなリールは出るんでしょう。

たかが糸巻きのブースに群がる釣り人の熱量を今でも思い出します。

Warloq2.5

mibro 2019年春の新作クランクベイト。

名前は「Warloq」(ワーロック)と名付けました。

レングスは65mm、いわゆる2.5インチサイズで、ウェイトは15g。

ミディアム~ミディアムヘビーパワーのロッドで使い易いボディサイズかと思います。

バルサルアーに匹敵する高浮力とハイピッチアクションで、ショアのウッドカバー周りやロックエリア、ウィード周りにもスタックし難く、コントロールし易いのが特長です。

また、高速リトリーブにも対応し、非常軽い巻き心地ながらハッキリとバイブレーションを伝えてくれる設計となっています。

フックは前後ともにイチカワフィッシングのRCカマキリ #4を搭載。

前後の絡みは勿論、リップへの乗っかりもなく、ストレス無く投げ続ける事が出来ます。

カラーは8色

#スプラッターバック

#テーブルロックシャッド

#ブラックチャート

#スレッドフィンシャッド

#テネシーシャッド

#クリスタルクロー

#シャインブリーム

#ブルーギル

mibro Warloq2.5

65mm、15g

最大潜行深度 1.5m

color:8色

価格:¥1,680 (税別)

2019年春発売予定です。

 

 

3姉妹

実は漁師クランクには2人の妹(?)がいます。

一つはウチの原点でもあるB7の流れを汲むラウンドクランク。

もう一つは新規形状、新規サイズのフラットサイドクランクです。

この3種類は、ウチの新規フォーマットとして同時に開発をスタートした3兄弟とも言えるモデルです。

ウッドルアー並みのハイレスポンスと空力デザインによる優れた飛行姿勢、豊富なカラーバリエーションとボディ強度をテーマに、明確なバイブレーションなのに軽く巻ける、超低速域から高速域まで幅広く対応するマルチスピードクランクベイトシリーズとして展開予定です。

ラウンドモデルのプロトでは、初期切削モデルのテスト中にいつもテストしている近くの川で、十数年ぶりにバスを釣りました。

ビニール用の接着剤を使った仮組み状態のモデルだったので、壊されないように焦りながらとても慎重にランディングしたのをよく覚えています。

その後3モデルは各地で色々なフィールドを経験をインプットしていきます。

中でもラウンドモデルの汎用性は非常に高く、リップラップや各種ウッドカバーは勿論の事、ハーフラウンドリップはウィードの抜けもよく、また何もない中層を流していてバイトが多いのは単純にルアーの力だと思うのです。

リップラップやテトラ周りにおいても、キャストミスしても壊れ難く、リップが削れ難いのでガンガン攻めていく事が出来ます。

漁師クランク同様、クラス最高の巻き感と使い易さを目標に、来春発売に向け最終段階に突入です。

詳細はまた追って発表させて頂きます。

釣果報告

発売直後からたくさんの反響を頂いております”The漁師Crank”。

ボディサイズからは想像出来ない巻き抵抗の軽さやレスポンスの良さなどのお声と共に、たくさんの釣果報告を頂き、製作者として嬉しさでいっぱいです。

お買い上げ頂いた皆さんへの感謝と共に、釣果の一部をご紹介させて頂きます。

このサイズのクランクベイトにしては、オカッパリからの釣果が多いのが意外に映るかもしれませんが、

・巻き抵抗が軽い。

・ロッドの角度でレンジコントロールしやすい。

・パワータックルでなくともキャストしやすい。

そうした理由からオカッパリでも使い易いのが特長なのです。

 

これから寒くなりますが、この手のルアーはむしろこれから本格シーズンインって感じですかね~。

カラーに対する拘りとタックルマッチング

昨日のエントリーに色々なご意見を頂きましたので、mibroのカラーに対するスタンスを語っておきたいと思います。

ルアー選びで重要なファクターにはレンジ(水深)、ボリューム(動きやボディサイズ)、音、色などがありますが、やはり最も重要なのはレンジで、次にボリュームや音になり、最後に色、という事になると思います。

実際色が占める割合は1割程度で、色を決める前にアプローチの9割は決まっていると思います。

しかし、残り1割というのはとても大事だと思う人も居ると思います。

魚の居る水深にルアーを送り込み、その日の条件に合ったボリュームと音で魚を誘い出し、今正にバイトの瞬間に色が気に入らず蹴られたり、カバーや他の魚との牽制で見失ったり、という事もあると感じています。

実際に複数の釣り人で並んで釣りする場合、同じルアーを使っていても明らかに特定のカラーへのバイトが多いという経験をした人も多いと思うのです。

また、トップウォータープラグで釣りをしていると、他のカラーにはモソッと咥えるようなバイトが多いのに、その日の当たりカラーにのみ激しく飲み込むようなバイトをしてくる時があります。

たかが1割ですが、されど1割。

カラーの違いはバイトの深さとして現れる事が多いのです。

もし、その日最高だと思うスポットで釣りしていて、

バイトが無いならルアーをチェンジ。

バイトはあっても乗らないならカラーをチェンジしてみて下さい。

案外それで全く違う答えが出るかもしれません。

 

レンジとボリュームと音とカラーの全てがマッチすれば、きっとあのデッカイ口にルアーがすっぽり飲み込まれてしまうのではないでしょうか。

しっかりカラーも考察して、是非こんな丸飲みバイトを味わってみてください。

 

さて、他にも頂いたご質問に漁師クランクの使用タックルというのがありました。

漁師クランクは見た目に反して非常に巻き抵抗が小さい事から、専用のタックルを必要としません。

なので、ダム湖やシャローカバーのバンク撃ちのように、近距離キャストで攻めていく場合はミディアムクラスのタックル、具体的にはNomad C-68Mやテスト中の巻物ロッド(ミディアムパワー)でテストを行ってきました。

また、フルキャスト中心のビッグレイクでは、飛距離を稼げる、感度が良くてウィードをほぐし易い、ノリが良くてトルクフルなのでデカバスが来ても安心、という理由でC-72MHを使っています。

オカッパリで使用する場合もMHクラスの7ftオーバーが使いやすいと思います。

リールは巻き抵抗が小さいので8:1のハイギアでも普通に巻けますので、速めのギア比で巻き強弱を入れたアクション(クリアレイクで有効)でも良いですし、ローギアでステディリトリーブでも良いと思います。

ラインはあまり細くする理由がないので14lb以上を使っています。

 

mibroプロスタッフの良忍和尚が房総のダム湖での漁師クランクの使い方を紹介してくれています。

参考になれば幸いです。