未分類」カテゴリーアーカイブ

パワータイニークランク

ワイヤーベイトやソフトベイトのリリースが続きましたが、勿論本職(?)のクランクベイトも進めて参りました。

mibro 2017 Power Tiny Crankbait “Derringer”(デリンジャー)です。

プレッシャーの高いフィールドを攻める時、小粒なボディのクランクベイト、いわゆる”タイニークランク”を投げるアングラーは多いと思います。

しかし、小粒なクランクというのは総じて軽く、キャストコントロールが難しいという欠点も併せ持ちます。

”デリンジャー”は48mmというボディレングスながら7.7gのウェイトで、専用のタックルでなくてもコントロールし易いボリュームになっています。

また、ファットなボディは充分な浮力を有しており、軽快にカバーを回避するだけでなく、キビキビとした心地よい振動をアングラーに伝え、強風の中でも”飛び”と”巻き感”の両方でアングラーに巻き続ける安心感を与えてくれます。

また、スポーニング時期のシャローでは、小さくて小うるさいタイニークランクにのみビッグバスが反応する事があります。

 

その為、デリンジャーではしっかりとした線径の#6フックを前後に搭載。

低水温期のじゃれつくようなバイトは勿論、ビッグバスの大きな口からもすっぽ抜ける事なく、ガッチリフッキングします。

このフックセッティングでも充分な浮力と優れた回避能力を持つのがデリンジャーの最大の特徴なのです。

1stカラーラインナップはこの5色、これまでのバレットヘッドやFURYでテスターリクエストの多かったカラー達です。

#01 プレモンス

#02 シトラスシャッド

#03 ファントムスメルト

#04 クラウン

#05 シャインブリーム

昨年関東で行われたイベントの際には、プロトモデルを見た瞬間に殆どの人が「新利根川」というフィールドの名を口にしたデリンジャー。

ルアーというのは作る側と使う側のイメージが共有出来た時、最も効果を発揮すると思ってるんですが、そういう意味でこのルアーは、”使う側の準備は既に出来てる!”のかも知れませんww

あとは皆さんの期待に添えるかどうか・・・ある意味最もドキドキする瞬間です。

mibro ”Derringer”(デリンジャー)

48mm 7.7g 潜行レンジ:1.5~1.8m

価格:¥1,680(税別)

2月末発売予定

どうぞよろしくお願い申し上げます。

カラーラインナップ

mibroソフトベイトシリーズのカラーラインナップです。

先ずはDouble Whip 5″&7″です。

#05 モーニングドーン

#06 ブルーウィニー

#07 スモーキーシャッド

#08 レッドスワンプ

#09 PB&J

#10 ヌマチチブ

#11 ブラックライト

#12 サワーグレープ

#13 サマークロー

#14 ブルーシュリンプ

#15 パールホワイト (5″のみのラインナップ)

以上10色(5″のみ11色)のラインナップになってます。

続いてDeathscythe(デスサイズ)のカラーラインナップは・・・

#01 アラバマクロー

#02 オキチョビクロー

#03 カルフォルニア420

#04 ブラックシャドウ

#09 PB&J

#10 ヌマチチブ

#11 ブラックライト

#12 サワーグレープ

#13 サマークロー

#14 ブルーシュリンプ

各地のテスターやユーザー達と意見を出し合い、過去に良い思いをしたカラーをじっくり検証してラインナップを決めました。

どれも自信のあるキラーカラーだと思ってます。

季節や水色、沈下率やアプローチ方法によってそれぞれの使い分けはまた、このブログやfacebookでゆっくりと紹介していきたいと思います。

 

価格ですが、

Double Whip

5″ 7本入り  ¥750(税別) 11色

7″ 7本入り  ¥800(税別) 10色

Deathscythe

4″ 7本入り  ¥800(税別) 10色

以上、よろしくお願い申し上げます。

もうひとつのバーサタイル

デスサイズのカラーバリエーションを紹介する予定でしたが、先にもうひとつのワームをご紹介する事にしました。

大人の事情ですww

もうひとつのワームはジャンル的に言えば「ストレートワーム」の部類。

ベイトタックルでがっつりカバーを撃っていくデスサイズに対して、スピニングタックルを使ったパワーフィネス~中層スイムを想定したフィネス要素と、カバー攻め要素を合わせ持ったバーサタイルストレートで、名前は「Double Whip」(ダブルウィップ)、5in7inの2サイズがあります。

一番の特徴はムチのような2本の細長いテール。

先端部分で直径2mmという、普通のワームではありえない程に細いテールが、フォール時やアクション時に細かくバイブレーションしてビッグサイズを誘います。

逆にヘッド部分は大型のフックやシンカーをセット出来るようになっており、これによって超フィネスなアクションと、充分なディスタンスを取ったアプローチという相反する要素を両立させています。

しかし、このワームのデザインは自分で考えたオリジナルという訳ではありません。

30年くらいのキャリアを持ってる人なら知ってると思いますが、その昔に同様のデザインのワームが存在しましたし、それよりも以前からスピナーベイト用のトレーラーとしてのスプリットテールはいくつも存在し、今も販売されています。

このDouble Whipはそうした様々なスプリットテールワームを基に、現代の多彩なリグに対応出来るようデザインや素材、カラーをリファインし、用途の広いバーサタイルソフトベイトになるべくテストを繰り返してきました。

デスサイズと同様、ダブルウィップもまた汎用性の高いバーサタイルソフトベイト。

3/0の大型フックをセット可能で、PE+リーダーのパワーフィネススピニングタックルでのテキサスリグやノーシンカーリグ。

インウィードヘッドを使ったシェイキーリグやジカリグ(パンチショット)など、カバー周りやウィードの中に撃ち込んでも壊れ難く、ズレのストレスや根掛かりを防ぎます。

ノンソルト素材の為、シェイクやステイ中にボトムで寝てしまう事がなく、水中で細長いテールを持ち上げた姿勢はステイ中も僅かな水流でユラユラと誘い続け、シェイク時にはピクピクと明確に存在をアピールします。

そしてこのダブルウィップが最も得意とするリグはネコリグ。

浮力のあるテールがボトムで立って2本の鞭を振り回すように暴れる他、大きくリフトした時や中層スイム時には張りのあるボディに水流を受けて、ただ巻きで細かくバイブレーションします。

ヘッド部分はネイルシンカーなどを刺すのに充分なボリュームと硬さを持っており、ハリ持ちがよくズレ難いのも特徴です。

(*BOREASアノストシンカー装着状態)

 

またいわゆるソフトベイトの釣りだけでなく、スピナーベイトやバズベイト、チャターベイトなどのトレーラーとしても高い性能を発揮します。

実は昨年既に、色々なメディアでアパッチのトレーラーとして登場しているのですが、お気づきだったでしょうか。

また、トレーラー専用ワームだとパールやチャートなど、派手目なカラーしかラインナップされていない事も多く、ダークトーンなカラーが多いチャターベイトには選びにくいという事もありました。

しかしダブルウィップはあくまでフィネスソフトですので、ダークトーンなカラーが多くラインナップされています。

硬めの素材ですので巻き物のトレーラーにもマッチし、ノンソルトですのでフックが錆びにくいのでお勧めです。

このダブルウィップもデスサイズと同じく非常に幅の広い適応能力が設計コンセプト。

あらゆるタイプのフィールドで釣りをする遊牧民アングラーの強い味方です。

様々なシチュエーションで活躍する場面があるはずです。

 

明日こそカラーバリエ発表しますw

 

ソフトベイト元年

2017年、mibroでは2タイプ(3種類)のソフトベイトを発売します。

ソフトベイトの企画は、これまでも色々な方法を試して来ましたが、昨年2016年より本格的に取り組み、あらゆるタイプのフィールドでテストを進めて来ました。

まずはそのひとつ、4inのクローフィッシュタイプ「Deathscythe」(デスサイズ)をご紹介します。

デスサイズは高比重素材のクローワームで、大きなハサミ部分は水流を受けてパタパタと泳ぎます。 また、長い触角と小さな脚は、僅かな水流に反応し、細かなアクションで魚を誘うと共に、フォール直後のシルエットが強烈にザリガニを連想させ、瞬時に食性のスイッチを入れます。

肉厚でどっしりとしたボディは大きなフックをしっかりとホールドする事が出来、カバーに撃ち込んでもズレ難く、本来のアクションをキープします。

テキサスリグは勿論、パンチングやジカリグなど、安心してカバーを撃ち続ける事が出来ます。

しかし、このデスサイズが持つ個性の最も特筆すべき部分は、その汎用性にあります。

デスサイズの触角の付け根には隙間があり、ここからフックを刺すと・・・

高比重素材を活かしたバックスライドリグになります。

ハサミを付けたままで使うとザリガニのキックバックアクションになり、ハサミを切って使うと、ただ巻きに触角が細かく震えるスイミングシュリンプアクションになります。

シャローのエビ食いバスへのノーシンカーアプローチ、沖のブレイクラインへのヘビキャロ攻めなど、一般的にミディアムパワー以上のロッドで行う殆どの釣りに対応出来てしまいます。

また、トレーラーとしての適応力も幅広く、

フットボールジグのボトムバンピングは勿論、ただ巻きで自発的に泳ぐ為、スイムジグのトレーラーにもピッタリで、

チャターベイトではルアーの振動に合わせ、ハサミや触角がブルブル震えます。

 

そもそも、このワームを作ろう(こんなワームが欲しい)と思ったのは自分のフィッシングスタイルから。

自分のようにホームレイクを持たず、また飛行機を利用した長距離移動釣行の多い人間は、どれだけ荷物をコンパクトにするかで毎回悩みます。

飛行機や新幹線で行った先で、レンタルボートだったり、友人のバックシートだったり、小さなアルミボートだったりと、とにかく荷物をコンパクトにする事が求められます。

しかも、いつも行っててある程度パターンが把握出来てる訳でもなく、たま~に、若しくは初めてのフィールドへの釣行が主です。

なので、ルアー、特に重く嵩張るソフトベイトに求められる性能は汎用性、つまり最小限の荷物量で最大限の適応幅を持ったソフトベイトが必要不可欠であると考えました。

ダムで釣りして翌日はマッディシャロー、さらに翌日は川でオカッパリなんてのが常です。

そしてそれは普段の釣行でも同じで、近隣のダムはどこも道やスロープが狭い為、アルミボートがメインであまり多くの荷物は積めません。

またオカッパりでの釣行も同じで、あまり沢山の荷物は持ち歩きたくないし、車に積んでおくのも不安です。

釣りの最中、ふと思い立ってリグを換えたりするにしても、手元でちょいちょいと組み換えられば面倒も無駄も少なくて済みます。

「前回の釣りで使ったワームだけど、捨てるの勿体ないし、とりあえず別のリグでリグっておいて様子を見たい。」

なんて時にも重宝すると思うのです(実際自分がそうw)

そんな極めて横着な理由から生まれたスーパーバーサタイルなクローワームがDeathscythe(デスサイズ)。

死神が持ってるデッカい鎌を意味します。

そう、ソフトベイトの名前は近接系ですw

カラーバリエーションや価格などは明日(か明後日)にでもまたご紹介させて頂きます。

ではでは。

 

 

ファイヤータイガーの出しどころ

皆さん、愛する家族や彼女の為に、素敵なサンタクロースやってますか?

僕は良い子にして待ってますw

 

さて、アパッチについて頂いた質問に、

「正直、ファイヤータイガーの出しどころが分からない」

というのが幾つかありました。

2016_1106_110610-img_2676

近年のスピナーベイトはアクションだけでなく、カラーもナチュラル系が多いのか、

あまり強いカラーは使った事がない、という方が多いのかも知れません。

勿論その辺りの”流行り”も一旦は考慮はしたのですが、

やはり自分の作るルアーですからね、

自分が欲しいと思うカラーをラインナップする事にしました。

 

実は中学生の頃、スピナーベイトは一番苦手なルアーでした。

そんな苦手意識を吹き飛ばしてくれたのが、スタンレーのバイブラシャフトと、

バスバスティン(後のブルドッグ)スピナーベイトでした。

勿論これらのルアーにもナチュラル系カラーはありましたが、

当時好んで使っていたのが、

ファイヤーティップと呼ばれる先がオレンジのチャートのバイブラシャフトや、

チャートベースにブラックとオレンジが少量入った強いカラーのバスバスティンでした。

野池や河川のベジテーション周りや、濁りの入った早春など、

所謂シャローカバーの巻物の釣りを代表するようなシチュエーションが活躍の舞台でした。

そういう意味ではブラックチャートやファイヤータイガーのクランベイトに近い場面のルアー、

パラ葦やハス畑など、クランクベイトが通し難い場面で使用するルアーと考えれば、

出しどころはとても多く、コロラドブレードに最も相性の良いカラーかも知れません。

残念ながらバイブラシャフトもバスバスティンも、良い状態で手元に残っていませんが、

そんな勝手なリスペクトもあり、アパッチの第一弾にこのカラーをラインナップする事にしました。

firetiger

そうそう、近年よく思うのはファイヤータイガーという色、マッディシャローだけでなく、

グラス(ウィード)が多いレイクの荒天時にも効果が高いように感じます。

水中のグラスに光が反射して黄色っぽく見えるのか・・・

それとも単にグラスの間を見えたり見えなかったりするので、

出会い頭のインパクトが大きいのか・・・

それとも短波系があまりよく見えないと言われる魚の目の構造からは、

この手のカラーがリアル小魚に見える光量の時間帯があるのか・・・

こういう妄想はホント楽しいですね~。

それでは皆さん、楽しいクリスマスを!

Merry Christmas!