投稿者「塚本謙太郎 (mibro & KTWLURES)」のアーカイブ

コブラチャターの接続部分

発売以来とてもご好評頂いておりますコブラチャター。

お客さんからの釣果報告も、年間通じて最も多く安定しているルアーとなってます。

人気の秘密はやはりこの特殊なヘッド形状によるカバー回避能力の高さでしょうか。

ガードなどがないオープンフックでありながら、立木やレイダウンなどのウッドカバーやロープやジャカゴ、キンチャクなどのマンメイド、ハスや葦などのグラスカバーもヌルヌルと抜けてくるのでタイトにスローに攻め切る事が出来ます。

また、ウィードの抜けが良いのにフッキング率も良いので広大なウィードエリアを広く釣るにも最適です。

実はこのフッキングの良さとカバー回避の両立というのがコブラチャターの最も拘った部分で、チャターベイトというルアーは魚を引っ張る力は圧倒的なのですが、そのアピール力故にチャンスは一度きり。1度バイトがあったらセカンドチャンスは少ないのです。また、カバー周りの魚はとりあえずルアーにバイトしてくるけど威嚇のようなバイトでガッツリ食い込まない事も多々あります。だからこそカバークランキンのように敢えてトリプルフックでキスバイトを取っていく釣りがあるわけです。クランクに口を使ってくれない魚をチャターベイトのアピール力で強制バイトさせる。なのでブラシやワイヤーなどのガードは無し、オープンフックで即掛けセッティングながらカバーはぬるぬる回避する。これがコブラチャターが生まれたコンセプトなのです。

発売当初は「クランク屋のチャター」というポジションでしたが、今やもう「チャター屋が作るクランク」になってしまっているかも知れません。

 

さて、前置きと自慢話が長くなりましたが、このコブラチャターのブレードと本体と接続部分ですが、稀に鉸めが甘い物があるようです。

そもそもコブラチャターの接続部分はこのようなパーツ構成になっています。

アイとブレードの他に真鍮製のパーツがあり、このパーツがキャスト時にブレードが定位置から奥に行かない為のスペーサーであり、ブレードが当たるノッカーであり、ブレード脱落防止を兼ています。

しかし、まれにアイがしっかりと閉じられていない個体があるようで・・・

こんな感じで少し開いているものがあるようです。

一応この状態でもスペーサーがあるので簡単にブレードが抜け落ちたりはしないのですが、開き具合が大きければ脱落してしまう場合もあるかと思います。

なので皆さんのお手元のコブラチャター、是非一度アイの開き具合を確認してみて下さい。新しいパッケージを開けた時はもちろん、使用中の物もたまに確認してみてください。

もし開いていたら、丈夫なプライヤー等でグッと鉸めて頂けたらと思います。

ご使用前に是非確認してみてください。

 

リグとフックのマッチング

広島、岡山に被害があったと思ったら、大阪に大型台風直撃。

そして間髪入れずに北海道に地震と、本当に災害の多い年です。

先ずは被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げると共に、何か支援出来ない物かと検討中です。

もうほんと、災害嫌です・・・。

 

さて、そんな状況ですが、既にデリバリーが始まっているデスサイズ3,75&3,5インチ。

0,25”という微妙なサイズ感故にフックのマッチングや使用リグについての質問がありましたのでこちらでご紹介したいと思います。

まずジグトレーラーとしてのセッティングについてですが、自分がよく使うジグはプロズファクリーさんのOPジグとモーションジグの2種類(スモラバ系とかスイムジグ系は別にした、所謂ラバージグというカテゴリーで)。

モーションジグはフットボールとアーキージグの中間的なヘッド形状とウェイトバランスを持ったジグで、アーキーのようにカバーに強いけどフットボールのように真っすぐフォールするのが特長です。

OPジグはスタンダードなフットボールジグのサイズ感ながら、適度なブラシガードと名前の由来となったワンポイント(ぽっちり)がハードボトムの上でフラフラ不安定になる事でバイトを誘います。このジグにマッチするデスサイズは3,75″。絶妙なバランスでパタパタし過ぎないデスサイズは、フットボールジグのストロングポイントである速い動きを水流抵抗で殺す事無く、強い水蹴りを有しながらもアップテンポにボトムをタップ出来ます。

スタンダードサイズなOPジグに比べるとモーションジグは少しだけコンパクトで、ボリュームが抑え気味。丁度普通のジグとスモラバの中間のような、ちょっと特殊なサイズ感です。これにピッタリ合うのがデスサイズ3,5”。カバー内でじっくり誘う事も、ストンと落とした後で倒れ込むアクション。素早いリフト&フォールで魚にアピールします。

デスサイズのサイズ表記は長いヒゲまで入れた全長の為、一般的なクローワームとちょっと違うボリューム感だと感じるかもしれません。3,75”は普通の3,5”。3,5”は3”といったサイズ感に感じる人も多いようです。

 

ジグトレーラー以外ではライトテキサスやドロップショット、そしてリーダーレスダウンショット(直リグ)で使う事も考慮してデザインしました。

適合フックサイズは3,5”だと1/0フック。3.75″には2/0あたりがベストマッチと思いますので、自分はこんな感じで1/0と2/0のフックで自分仕様のリグを組んでデスサイズに使っています。

しかし、最近はノガレスさんのスルーダウンショットリーダーとグレネードシンカーを使う事も増えてきました。

 

普通のドロップショットのように、ファイト時に絡んでしまう事が少なく、ワンタッチでリーダーの長さやシンカーの重さを換える事が出来るので、その場その場を釣っていかなければならないオカッパリの時など、特に重宝します。

ちょっと試してみたいけど結び直すの面倒くさい・・・という人間にはとても便利です。

ドロップショットがいいか、リーダーレスがいいか迷う・・・って時にも簡単に交換できますので、これ考えた人にお礼を言いたいくらいです。

でも移動にはNomadシリーズのフックキーパーこそ至高です。

参考までに使用タックルはモーションジグ、OPジグ共に

Nomad C-68MH      DAIWA アルファス サンラインFCスナイパーインビジブル12~14lb

リーダーレスダウンショット:デスサイズ3,75″ 2/0フック 5~7g

Nomad C-68MH      DAIWA アルファス サンラインFCスナイパーインビジブル12~14lb

スルーダウンショットリグ:デスサイズ3,5″  1/0フック 3.5~7g

Nomad C-68M        DAIWA アルファスAIR サンラインFCスナイパー8~10lb

一応制作者はこんな感じのタックルでやってますので、似たようなスペックのタックルで楽しんで頂けたらと思います。

釣果報告お待ちしてます!

ラウンドかフラットか

漁師クランクのサイズ感はKVD8.0とほぼ同じ。

 

でも、上から見ると・・・

 

 

横幅がこんなにスリム。

これによって1日巻いてもフィットネスにならない軽い巻き心地と、小魚が尾びれで水を蹴るようなナチュラルな後方乱流を生み出します。

かなり特殊なボディシェイプのように感じる人も多いかも知れませんが、クランクベイトとは本来こういう形なのではないかと思っています。

クランクベイトの始祖であるヤングのオリジナルBig-Oも、初期バグリーのBB3も体高はあるものの横幅は意外とスリムでした。

これは推測ですが、昔のプラスティック素材は重く強度も足らない為、バルサルアーの浮力を再現する為に、横幅を太らせて空気量を確保したのではないでしょうか。

こうした誕生したまん丸もこもこボディのクランクベイトが、現在のラウンドクランクのスタンダードになっているのではと推測するのです。(あくまで推測なのでSNS等でドヤると笑われると思いますw)

しかし現在のプラスティックは硬く、強度もあり、その分軽量に作る事が出来ます。

なのでフルサイズ以上のボディサイズを持つ大型クランクベイトなら、バルサクランク並みのキレのあるハイピッチアクションと、レッドシダークランク以上の強度と精度を持たせる事が出来るのです。

プラスティックの強度とクランクベイト本来のボディシェイプ。

この漁師クランクを見た多くの人から「フラットサイド?」と聞かれるのですが、自分的な回答は

”これこそが本来のラウンドクランク‼”

なのです。

 

 

S-63Lというロッド

 

昨年のリリース直後に完売となったNomadシリーズの人気機種、S-63Lの2ndロットが間も無く出荷となりますので、この機にS-63Lに込めた制作者の想いを語らせて貰おうと思います。

”自分が100%納得出来るロッドを作れるのは自分だけ!もう自分でロッドを作ろう”と思った2016年の夏、最初に取り組んだのがスピニングモデルのS-63Lでした。

このロッドに込めたテーマはNomadシリーズのメインテーマであるマルチパーパス。”なんでも無難にこなす”ではなく”何でも完璧にこなす”事。

3.5″ノーシンカーや虫系ワームを使ってカバーの中からデカバスを引き出す繊細さとパワー。

ジグヘッドワッキーや軽量ドロップショットでも違和感なく食わせるソフトなティップ。

ディープウォーターのビッグバスハントに必要なネコリグの操作性と強靭なトルク。

言葉にすればありきたりな売り文句ながら、それらを全て1本のシャフトでコントロールするというのは専用ロッドを作るより遥かに攻めた設計が必要な事だと分かっていました。

北浦の杭周りで掛けた魚をコントロールしながらファイトする事。

南湖のウィードにジグヘッドリグを繊細に絡める事。

リザーバーの岬のディープにネコリグを置いて誘い続ける事。

河川のオーバーハング下にノーシンカーをスキップさせる事。

それらを明確にイメージしながらエキストラファーストの強靭なブランクと、無駄を一切省いたグリップデザイン、モノフィラでもブレイドでもリーダーシステムでも正確なロングキャストが出来るガイドシステムを強烈にイメージする事が出来たのは、”それ”が欲しい物だと長年渇望していたから。

”自分が欲しい物は自分で作るしかない”

敬愛するルアービルダーの言葉が脳裏に響いたのです。

結果はすぐに釣果として現れました。

当時開発中だったダブルウィップ7″と合わせて、自分のイメージ通りにルアーを操作出来る事によって、これまでよりスムーズでストレスフリーで精密なイメージを持って釣りを続ける事が出来るようになりました。

特に操作性を重視し、必要最小限のパーツのみで構成されたグリップ部分と、移動時やタックルチェンジの際に不可欠なフックキーパーは長時間の釣りでも疲労が少なく、高い集中力で釣りを続ける事が可能に・・・。

結果、2016年後半から2017年シーズン、最も多くの魚をキャッチするに至ったS-63Lは、強烈な流れとファイトのカナダ/エリー湖のスモールマウスバス達や琵琶湖北湖のロクマルなど、多くの舞台を経験して2017年末に発売となりました。

2017年発売と同時にメーカー及び問屋在庫が終了してしまったS-63L。

お待たせしてしまっている皆さん申し訳ありません。

触った事無いよって方は是非この機にお手に取ってお確かめ頂けましたら幸いです。

マルチパーパスロッド”Nomad”の真骨頂、S-63L 2ndロットリリースでございます。

 

 

Color of 漁師Crank

漁師クランクのカラーバリエーションは8色です。

#ファントムスメルト

ワカサギなどのベイトフィッシュを思わせるクリア系ボディは晴天無風時に効果を発揮します。

見る角度によってクリアにもブルーにも見えるファントム仕様はFURYやデリンジャー、グッピーでも人気のカラーです。

#スレッドフィンシャッド

ギラギラと輝き光るボディの明滅効果は曇天や風で水面がざわついている時に効果的。

捕食スイッチの入った魚に本能的に訴えかけるパニックベイトのきらめきです。

#OYシャッド

白パールベースのシャッドカラーはささ濁りレイクの万能カラーです。

一般的なダム湖や河川、沼や潟など、フラットランドレイクで使用頻度高めのカラーです。

#シトラスシャッド

海外に行くとステインウォーターで非常に人気の高いカラーだけに、霞水系で活躍するアングラー達から常にリクエストが来るカラーです。

側面は反射を抑えた消銀仕様。リアルミノーやハンドメイドによくあるホイルの裏張りのようなカラーです。

#ブラックチャート

ザ・クランクベイトといった感じのオールドスクールながら、釣果は未だ衰え知らず。

マッディウォーターのカバー周りなど、出会い頭のリアクションバイトを誘発するカラーだけに、巻いていてドキドキするカラーなのです。

#ブルーギル

今回、the漁師Crankの象徴的なカラーとも言えるブルーギル。

余計な反射を抑えたウッドプラグのようなタッチながら、ブルーギルの持つ色の特色と、ルアーのサイズや形状とのマッチ感が強烈にギルを連想させます。

#レッドスワンプ

春の定番色として有名な赤いクローフィッシュは、意外にも夕方日暮れ時や晩秋にも効いたりします。

赤い背中とオレンジのお腹のグラデーションは名前の由来である「アメリカザリガニ」を連想させるだけでなく、夕焼けに映えるブライト系カラーでもあるのです。

#シャインブリーム

午後の傾いた日差しを受けて煌めくブリーム系カラーに、ヌメヌメと反射するマグマホロの要素を加えたシャインブリームは、バレットヘッド以来の人気カラーです。

赤金や黒金といった定番カラーにブルーギルっぽさを加えたようなこのカラーは、赤茶系の水が多い房総のダム湖や野池等でも効果の高いカラーです。

さて、そんな漁師クランクのスペックデータです。

ボディレングス:90mm

ウェイト:27g(フック、リング無し24g)

潜行深度:2m強 (最大2.5m)

フック:イチカワフィッシング RCカマキリ #1

価格:¥2,200 (税抜き)

10月末~11月の発売を予定しています。