投稿者「塚本謙太郎 (mibro & KTWLURES)」のアーカイブ

水の中は。

この度はリリースさせて頂いたmibroソフトベイトシリーズ。

実際に水中で見るとどんな動きになるのか、寒空の中、N&M TVのディレクターに水に浸かって貰って動画撮影して来ました。

先ずはマルチパーパスクローワーム”デスサイズ”

テキサスリグやジグトレーラーといった一般的な使い方の他に、フックを逆向きに付ける事で可能になるバックスライドアクション。

水噛みの強いネコリグや、よりスローに巻けるチャタートレーラーなど、様々なリグでのアクションを動画でご覧頂けます。

次に極細ピンテールx2のツインアクション”ダブルウィップ ”。

テキサスやシェイキーリグの他、定点シェイク、スイムの両方イケるネコリグでのアクション。

そしてスピナーベイトやチャターベイトのトレーラーとしてのアクションをご紹介しています。

時にスピナーベイトでは、アパッチの硬いアームが生み出すバイブレーションを、ダブルウィップの長いテールがブルブルと震える姿は必見です。

既に釣果のご報告もたくさん頂いておりますmibroソフトベイトシリーズ。

良かったらリグやアクションの参考にしてみて下さい。

*デリンジャー発売時期変更のお知らせ*

*デリンジャー発売時期変更のお知らせ*
先日、弊社新製品”デリンジャー”の発売時期を2月末とご案内致しましたが、生産上の問題があり、発売時期を延期する見込みとなりました。
元々この”デリンジャー”は昨年春の時点から、2017年2月発売を目指して開発を進めて参りましたが、昨日工場の方から連絡があり、パーツの到着遅れなどの理由により、予定の2月末発売に間に合わなくなったという連絡がありました。
今回の新製品には皆さまのご期待をひしひしと感じ、私共も大いに期待を込めた新製品ではございましたが、それ故に、ここで妥協や無理をして、充分な性能な物を発売するような事もしたくありませんでした。
結果的に皆さまのご期待を裏切る形となりましたが、どうかご理解を頂けますようお願い申し上げます。
また、各取扱店様におかれましても、各地の見本市や棚卸といったお忙しい中で、発注作業や予約受付などに加え、さらにお仕事を増やしてしまい大変ご迷惑をお掛け致します。
大変申し訳ございません。
新しい発売時期ですが、工場側からのアナウンスでは、3月末との事ですが、もしかしたら4月に入ってしまうかも知れません。
 
重ねてお詫び申し上げます。
何卒よろしくお願い申し上げます。
mibro代表:塚本謙太郎

パワータイニークランク

ワイヤーベイトやソフトベイトのリリースが続きましたが、勿論本職(?)のクランクベイトも進めて参りました。

mibro 2017 Power Tiny Crankbait “Derringer”(デリンジャー)です。

プレッシャーの高いフィールドを攻める時、小粒なボディのクランクベイト、いわゆる”タイニークランク”を投げるアングラーは多いと思います。

しかし、小粒なクランクというのは総じて軽く、キャストコントロールが難しいという欠点も併せ持ちます。

”デリンジャー”は48mmというボディレングスながら7.7gのウェイトで、専用のタックルでなくてもコントロールし易いボリュームになっています。

また、ファットなボディは充分な浮力を有しており、軽快にカバーを回避するだけでなく、キビキビとした心地よい振動をアングラーに伝え、強風の中でも”飛び”と”巻き感”の両方でアングラーに巻き続ける安心感を与えてくれます。

また、スポーニング時期のシャローでは、小さくて小うるさいタイニークランクにのみビッグバスが反応する事があります。

 

その為、デリンジャーではしっかりとした線径の#6フックを前後に搭載。

低水温期のじゃれつくようなバイトは勿論、ビッグバスの大きな口からもすっぽ抜ける事なく、ガッチリフッキングします。

このフックセッティングでも充分な浮力と優れた回避能力を持つのがデリンジャーの最大の特徴なのです。

1stカラーラインナップはこの5色、これまでのバレットヘッドやFURYでテスターリクエストの多かったカラー達です。

#01 プレモンス

#02 シトラスシャッド

#03 ファントムスメルト

#04 クラウン

#05 シャインブリーム

昨年関東で行われたイベントの際には、プロトモデルを見た瞬間に殆どの人が「新利根川」というフィールドの名を口にしたデリンジャー。

ルアーというのは作る側と使う側のイメージが共有出来た時、最も効果を発揮すると思ってるんですが、そういう意味でこのルアーは、”使う側の準備は既に出来てる!”のかも知れませんww

あとは皆さんの期待に添えるかどうか・・・ある意味最もドキドキする瞬間です。

mibro ”Derringer”(デリンジャー)

48mm 7.7g 潜行レンジ:1.5~1.8m

価格:¥1,680(税別)

2月末発売予定

どうぞよろしくお願い申し上げます。

カラーラインナップ

mibroソフトベイトシリーズのカラーラインナップです。

先ずはDouble Whip 5″&7″です。

#05 モーニングドーン

#06 ブルーウィニー

#07 スモーキーシャッド

#08 レッドスワンプ

#09 PB&J

#10 ヌマチチブ

#11 ブラックライト

#12 サワーグレープ

#13 サマークロー

#14 ブルーシュリンプ

#15 パールホワイト (5″のみのラインナップ)

以上10色(5″のみ11色)のラインナップになってます。

続いてDeathscythe(デスサイズ)のカラーラインナップは・・・

#01 アラバマクロー

#02 オキチョビクロー

#03 カルフォルニア420

#04 ブラックシャドウ

#09 PB&J

#10 ヌマチチブ

#11 ブラックライト

#12 サワーグレープ

#13 サマークロー

#14 ブルーシュリンプ

各地のテスターやユーザー達と意見を出し合い、過去に良い思いをしたカラーをじっくり検証してラインナップを決めました。

どれも自信のあるキラーカラーだと思ってます。

季節や水色、沈下率やアプローチ方法によってそれぞれの使い分けはまた、このブログやfacebookでゆっくりと紹介していきたいと思います。

 

価格ですが、

Double Whip

5″ 7本入り  ¥750(税別) 11色

7″ 7本入り  ¥800(税別) 10色

Deathscythe

4″ 7本入り  ¥800(税別) 10色

以上、よろしくお願い申し上げます。

もうひとつのバーサタイル

デスサイズのカラーバリエーションを紹介する予定でしたが、先にもうひとつのワームをご紹介する事にしました。

大人の事情ですww

もうひとつのワームはジャンル的に言えば「ストレートワーム」の部類。

ベイトタックルでがっつりカバーを撃っていくデスサイズに対して、スピニングタックルを使ったパワーフィネス~中層スイムを想定したフィネス要素と、カバー攻め要素を合わせ持ったバーサタイルストレートで、名前は「Double Whip」(ダブルウィップ)、5in7inの2サイズがあります。

一番の特徴はムチのような2本の細長いテール。

先端部分で直径2mmという、普通のワームではありえない程に細いテールが、フォール時やアクション時に細かくバイブレーションしてビッグサイズを誘います。

逆にヘッド部分は大型のフックやシンカーをセット出来るようになっており、これによって超フィネスなアクションと、充分なディスタンスを取ったアプローチという相反する要素を両立させています。

しかし、このワームのデザインは自分で考えたオリジナルという訳ではありません。

30年くらいのキャリアを持ってる人なら知ってると思いますが、その昔に同様のデザインのワームが存在しましたし、それよりも以前からスピナーベイト用のトレーラーとしてのスプリットテールはいくつも存在し、今も販売されています。

このDouble Whipはそうした様々なスプリットテールワームを基に、現代の多彩なリグに対応出来るようデザインや素材、カラーをリファインし、用途の広いバーサタイルソフトベイトになるべくテストを繰り返してきました。

デスサイズと同様、ダブルウィップもまた汎用性の高いバーサタイルソフトベイト。

3/0の大型フックをセット可能で、PE+リーダーのパワーフィネススピニングタックルでのテキサスリグやノーシンカーリグ。

インウィードヘッドを使ったシェイキーリグやジカリグ(パンチショット)など、カバー周りやウィードの中に撃ち込んでも壊れ難く、ズレのストレスや根掛かりを防ぎます。

ノンソルト素材の為、シェイクやステイ中にボトムで寝てしまう事がなく、水中で細長いテールを持ち上げた姿勢はステイ中も僅かな水流でユラユラと誘い続け、シェイク時にはピクピクと明確に存在をアピールします。

そしてこのダブルウィップが最も得意とするリグはネコリグ。

浮力のあるテールがボトムで立って2本の鞭を振り回すように暴れる他、大きくリフトした時や中層スイム時には張りのあるボディに水流を受けて、ただ巻きで細かくバイブレーションします。

ヘッド部分はネイルシンカーなどを刺すのに充分なボリュームと硬さを持っており、ハリ持ちがよくズレ難いのも特徴です。

(*BOREASアノストシンカー装着状態)

 

またいわゆるソフトベイトの釣りだけでなく、スピナーベイトやバズベイト、チャターベイトなどのトレーラーとしても高い性能を発揮します。

実は昨年既に、色々なメディアでアパッチのトレーラーとして登場しているのですが、お気づきだったでしょうか。

また、トレーラー専用ワームだとパールやチャートなど、派手目なカラーしかラインナップされていない事も多く、ダークトーンなカラーが多いチャターベイトには選びにくいという事もありました。

しかしダブルウィップはあくまでフィネスソフトですので、ダークトーンなカラーが多くラインナップされています。

硬めの素材ですので巻き物のトレーラーにもマッチし、ノンソルトですのでフックが錆びにくいのでお勧めです。

このダブルウィップもデスサイズと同じく非常に幅の広い適応能力が設計コンセプト。

あらゆるタイプのフィールドで釣りをする遊牧民アングラーの強い味方です。

様々なシチュエーションで活躍する場面があるはずです。

 

明日こそカラーバリエ発表しますw